ルフィーナの効果を検証してみた32歳主婦の肌改善日記

ルフィーナの効果を検証してみた32歳主婦の肌改善日記

ルフィーナの効果を検証してみた32歳主婦の肌改善日記

 

ルフィーナのスキンケア

 

高くてもルフィーナの遺伝子化粧水を使う理由

安くて質の悪い油でついてしまった脂肪は、落としにくいというお話をしましたね。これは、人も動物と同様、食べものによつて、ブ0イラーと名古屋コーチンくらい閃質に差がついてしまうということ。もちろん、肌質にも差が出るのは言うまでもありません。

 

毎日、体にいいもの、質の高いものだけを食べようと思ったら、それこそお金がどれだけあっても足りません。ですが、質の悪い油を、オリーブオイルなどの良質な油に換えることは可能な範囲だと思います。そして、ときどきはお寿司屋さんに行くなど、自分に贅沢させてあげてください。

 

ちなみに、私自身は時間のないときは、「○○弁」も利用することがあります。でも、さすがに質の悪い油たっぷりのファストフードは、もう食べられなくなってしまいました。思い切って食べると、翌日体が重くてつらいからです。こんなふうに、質の悪いものを少しずつ減らしていくと、自分の体の声が聞こえてくるようになりますよ。

 

キレイな人の食事を真似しましょう

ルフィーナだけではダメ食生活の見直し

行きつけの食堂やお弁当屋さんでいつもたのむメニュー、あるいは自分の料理のレパートリーを思い出してみてください。普段食べているものって、ついワンパターンになりがちではないですか

 

人は同じものばかりくり返し食べる傾向があるため、きちんと食べているつもりでも、知らず知らずのうちに栄養が偏りがち。そんなときはいつもと少しでも違うものを選ぶようにしてみてください。自分に不足している栄養素がプラスされて、体にとっては非常にいい刺激になります。

 

 

では、具体的にどんなものを選んだらいいのでしょうまず、あなたがキレイだと思う人の食事を真似してみてください。キレイな友人を誘ってレストランに行き、同じものを注文したり、あるいはレストランでキレイな人を見つけて同じものを注文したり.子ぴやコンビニでキレイな人を見つけたら、その人がどんなものを買っているのか、さりげなく買い物かごをのぞいてみるのもおすすめです、

 

キレイな人が食べ蕊るものには、キレイになる墓が隠されているもの、キレイの秘訣は、キレイな人からどんどん盗んで.ただし、いくらキレイな人が食べているからといっても、あなたの好みにAロわない食べものではキレイにはなれませんから、無理に食べることはありません。

 

体重計には毎日のらないこと!

ルフィーナの効果
食べものを選ぶ基準は、力ロリーが多いか少ないかではなく、脂肪や糖分を燃やすためにどれだけ必要な栄養素が含まれているかが大切、ということはもうおわかりですね。カロリーについては、ほとんどの方が1日のトータル量で考えがちなのですが、実は7日〜10日という期間で帳尻が合っていればいいもの。

 

 

ですから、毎日体重計にのるなんて、まったく意味のないことなんです。大体、毎朝晩体重計にのるから、ストレスがたまって、余計に太ってしまうのでは私のところヘダイエットのカウンセリングにみえた方によっては、体重計を捨てるよう指導することもあるくらいです。そうでもしないと、1日に何度も体重計にのってしまって、そのたびに「水を飲んだら増えた」「トイレに行ったら減った」というように、意味のないことで喜一憂することになるからです。

 

 

女性の体重は生理周期によつても大きく変動しますから、極端にいえぱーカ月に一度くらい体重計にのる程度でもかまわないと思います。だって、1sや2s減ったところで、見た目には、まったくわからないですから。
体重にこだわっている方は、「体重が減るって、そんなにうれしいこと」と、自分に問い直してみてください。それよりは、スッキリ見えるボディライン、肌や髪がつやつやというほうが、よっぽどキレイだと思いませんか

 

しつこい大人のニキビは食物アレルギーが原因かも

ルフィーナの無添加化粧水
「食物アレルギー」というと、肌にブツブツが出るとか、かゆくなるとか、おなかをこわすといった反応をするものだと思っていませんか

 

でも、実は人によって出かたもいろいろ。偏頭痛やむくみが出たり、体が重くなったり、目の下にクマができたり、ニキビができたり。花粉症のようにくしゃみや鼻水が出るという人もいます。でも、まさか食べものが原因でそんな症状が起こっているなんて思いませんから、多くの人は自分がアレルギーを起こしていること自体に気づかないんですね。

 

ところが、「大人のニキビのほとんどは、食物アレルギーが原因」と断言する医師もいるくらい、アレルギーとは身近なもの。たとえば私の場合は、コーヒーを飲むと、一発で目の下にクマができます。「それもアレルギーP」と思われるかもしれませんが、体質に合わないことが、アレルギーということ。

 

特にアレルギーを起こしやすい食品は、牛乳や乳製品のほか、パンや麺類などの小麦製品。私のようにコーヒーがダメという人も、ときどきいます。意外なのは、子どもに多い卵アレルギーが、大人では少ないこと。

 

自分がアレルギーを起こしている食べものをメニューからはずすと、驚くほど体が軽くなるのを実感できるうえ、肌がつるつるになります。原因不明の不調で悩んでいる方は、毎日くり返し食べているものはないか、一度見直してみましょう。

ルフィーナで、シミ、ソバカスのできにくい肌に

 

シミやソバカスは、紫外線やホルモンの影響と考えられがちですが、実は「冷え」による血行不良も大きな原因のひとつです。

ルフィーナ化粧水
冷えて血行が悪いということは、新陳代謝が悪く、細胞の生まれ変わりが遅いということ。つまり、紫外線を浴びてできてしまったメラニンを排出する力が弱いため、体が冷えている人は、活発に動いている人に比べてシミ、ソバカスができやすいのです。
シミ、ソバカスどころか、冷えはニキビや乾燥、〈すみなど、すべての肌悩みにかかわっているから、油断できません。

 

そもそも私たちの体は、36度くらいで正常に機能するようにできています。冷えて低体温になるということは、それだけ生命力自体が落ち、衰退しているということ。イキイキとした美肌を手に入れるためには、冷えを克服しなければなりません。め、体を温める作用があります.そばのつなぎには小麦粉が使われますが、そば粉の割合が多いものを選べば問題ありません。

 

もちろん、ど、つしてもパスタや陶了メンが食べたいときは、我慢せずに思いきり楽しんでください。週1度程度なら問題ありません。キレイのいちばんの大敵は、「我慢」というストレスなのです。

愛ある手料理が愛され肌をつくる

お母さんの愛情料理を食べていたときは調子がよかったのに、ひとり暮らしをはじめた途端、太ったり、肌が荒れたという方は多いでしょう。なぜなら、お母さんの手料理には"愛のスパイス"が入っていたから。ウソだと思っているでしょうでも本当にあるんです。それは、細胞のかけらのこと。

 

私たちの細胞は、絶えず新陳代謝して入れ替わっています。皮膚も内側から新しい細胞に押し上げられ、古い細胞は表面からはがれ落ちていきます。

そう、その細胞のかけらや、手の常在菌こそが、"愛のスパイス"というわけ。ですから、まったく同じ材料、同じ手順で同じ料理をつくっても、つくる人によって料理の味は変わるのです。その証拠に、ぬか漬けやおむすびの味も、各家庭によって違いますよね。

 

繰り返しニキビ ニキビといえばルフィーナ

多くの人が成長期におけるニキビに悩んだことがあるのではないでしょうか。

 

私もその一人でした。おでこや頬、鼻の横など、消えては出てくることの繰り返し。プロアクティブやルフィーナなど、皆様が知っているようなニキビ対策はほとんどやったかもしれません。思春期の頃はどこの家庭にもあるようなその辺の薬局やスーパーで売っているような洗顔フォームを使い、朝と夜の2度洗顔していました。

 

思春期が過ぎると、自然とニキビは減りましたが、数箇所は残ってしまいました。なかなか治らず、皮膚科にかかったところ、ナジプロという塗り薬を処方されました。当時かかった皮膚科医によると、ルフィーナは塗れば塗るほど良いとのこと。私は騙されたかのように塗りまくり、一週間で20g分を使い切りました。

 

すると、ずっと消えては出てくるを繰り返していたニキビがあまり出てこなくなりました。しかし、塗り薬の偉大さを感じながら、薬がなくなるタイミングで塗り薬を使用しなくなったとき、再びヤツは現れたのです。ルフィーナは最強だと思いました。再発したニキビとともに再び皮膚科を訪ねたところ、ニキビは体質によって再発しやすいことを知りました。ショックです。

 

洗顔することで余分な油分を落とし、化粧水、乳液で肌を保湿する。ニキビが嫌ならそれくらいはしないといけないそうです。おそらく多くの人はそんなことは当たり前なのかもしれませんが、保湿に関しては肌がベタつくのが嫌であまりしてこなかった私にとっては若干の抵抗がありました。

 

嫌々ながらも皮膚科医のいうことに従い、最近は洗顔時には化粧水・乳液を塗り、夜には病院から処方されたニキビ薬を塗ることでしばらくニキビが出てくるのは防げています。始めてから4年ほど経ちますが、ようやく保湿における肌のべたつきには慣れてきた気がします。一般的かもしれませんが、私のニキビ対策は、ベタつきを嫌がらず、洗顔後のルフィーナを確実に行うことが一番効果的だという認識に落ち着いております。

 

ニキビって言っても良いのはいつまででしょうか

ルフィーナは思春期ニキビに効果あり
中学生の頃にニキビというのは若者特有の言葉だと教わりました。
その若者という年齢は10代だと言っておりました。

 

そして20代を過ぎるとおできと言っており、30代を過ぎると吹き出物だと教わりました。
その頃は中学生なので15歳だったと思います。

 

なので自分には当分関係無いなと思っていたのですが、実際時が経つのはとても早く20代なんて即きました。

 

その時は大学生の時で20歳を超えるのは大学2年生の時ですが、周りの人でおできなんて言っている人はいませんでした。
全員がニキビと言っており、逆におできなんて言ったら恥ずかしい思いをしそうな状況でした。

 

そこでバイト先の店長にその話を聞いてみた所、そのおできというのは40歳を過ぎてからだよと言われました。
そこで気になるその店長の年齢ですが29歳でした。

 

なので私はその店長が言っている事は自分がおできというのを許せないからだと思いました。
事実その店長はとてもお洒落でお客様からもラブレターを頂いたり、女好きだったりととにかく遊人という感じの方でしたので、そんな人が自分の顔に出来物ができた時におできなんて言えるはずも無いか、と思い参考にしませんでした。
そして月日が流れ私も今は30歳です。

 

もし当初に聞いた話ですと私に出来物ができた場合は吹き出物という事になります。
ですが周りに同じ年代で吹き出物なんて言っている人は見た事がありません。
というか吹き出物なんて言っている人事態が存在するのでしょうか。

 

しかも年齢を重ねれば重ねる程出来物事態ができにくくなってしまうので、おできや吹き出物をいう機会が少なくなってしまいます。
でも何となくなのですが、今自分が30歳になってみてもし出来物ができたとしたらニキビというのは何か恥ずかしいです。

 

妻も今24歳ですが、その妻にもし出来物ができた時にそれおできっていうんだよと言ったらきっと殴られると思います。
差別用語ではありませんが、何かあまり気持ちの良い事では無いですよね。
ニキビっていうのは本当に色々と迷惑な存在ですね。

 

ルフィーナから学ぶニキビ予防

私は普段から小学生くらいの児童と関わる機会が多くあります。いつも子どもの純真さとエネルギッシュさに感心しうらやましいと感じているのですが、もう一ついつも子どもを見るたびに思うことがあります。

 

それは肌の綺麗さです。男女に限らず、子どもたちの肌は本当にくすみやニキビがなく、それこそ本当につきたてのお餅のようでニキビがよくできる弱い肌を持つ私にとってはうらやましく感じます。

 

その理由はやはり、子どもは「心が綺麗だから」だと思います。というのは建前で、ニキビが頻繁にできる人には必ず具体的な理由があると思うのです。子どもの肌がきれいな理由も考えながら、私の個人的な経験から理由を考えてみました。

 

やはり一番の要因は、不規則な生活ではないでしょうか。これはニキビができる理由としてよく見聞きするものですが、私自身の経験からも言えることです。子どもは朝決まった時間に起きて歯磨きをしてごはんを食べ、学校に行って決まった時間に勉強し、運動し、栄養のある給食を食べ、また勉強運動をし、決まった時間に帰宅しお風呂に入り、就寝…というサイクルをほぼ機械的に毎日送っています。

 

中でも、特に運動は子どもが肌をきれいに保っている大きな要因ではないかと思います。汗をかいて毒素を出すことを毎日している(しかも愉しみながら)わけですから、これ以上の健康法はありませんよね。一方私たち大人は、日によってはごはんを決まった時間に食べられない日があったり、運動不足やストレス、飲みすぎ食べ過ぎ、といった不規則なサイクルを送らざるを得ない人が多くいます。ニキビの原因は人それぞれだとは思いますが、こうした子どもの生活例を参考にしてみるのも自分の生活習慣を見直すきかっけにもなりますし、お勧めです。

 

ですが、ニキビができやすい人はどうしてもできてしまいます。できてしまって、しばらく治らない場合は迷わず皮膚科などを受診しましょう。何種類もある市販の薬から自分で選ぶよりも、やはり自分に合った薬を処方してもらう方が確実に治ります。

ニキビは潰さないと厄介な事になる?

ニキビって潰さないようにした方が良いとか、触らないようにした方が治りやすいとよく聞きます。
私も一時期ニキビがひどく、周りの大人が言った事を鵜呑みにして、潰さないように触らないようにしていました。
ルフィーナ初めのうちはそれで綺麗に治っていたのですが、だんだんと根が深そうなニキビが出来てくるようになりました。

 

いつもと同じように潰さず触らず治るのをじっと待っていたのですが、一向に治りません。
というか、日に日に大きくなっていきました。

 

私はそれでも大人の言う事を信じて触れないようにしていました。

 

するとだんだんニキビの腫れが引いていったのですが、跡が残ってしまうようになりました。
何がいけなかったんだろうと思い悩んでいたのですが、知り合いのエステティシャンの方に聞くと、ニキビの中には潰してしまった方が良いものもあると聞きました。

 

出来るだけ早いうちに潰してしまって、後できちんとしたケアをして上げる事で跡をできるだけ残さないようにした方が良いと言われました。

芯のあるニキビは、潰してしまった方が良い

ですが、私はニキビに関してそこまで詳しいわけではないのでどれが潰していいのかどれが潰さない方が良いのか全く分かりません。
私はちゃんとした知識もないまま、とにかくニキビが出来たらすぐに潰してニキビ用のクリームを塗って跡が残らないようにするという方法を取りました。

 

その方法があっていたのか間違っていたのか分かりませんし、ルフィーナでも跡が残ってしまう物と綺麗に治ってくれる物など色々だったので、正直どの方法が良いのか全く分かりませんでした。

 

思春期の頃はニキビは早く潰してしまった方が誰かに見られなくて済むから潰してしまおうと考えていましたが、今になって考えてみるとやはりニキビはあまり触れないようにしておいた方が良いのかなと思います。

 

今でもいくつかニキビ跡が残っていますが、どれも潰した時にできた跡ばかりです。
なので、今ニキビに悩んでいる方はとにかくニキビは潰さない方が良いでしょう。

 

顔のニキビを抑える具体的なルフィーナな方法

顔のニキビは思春期を到来すると、誰しもが体感する症状で、成長ホルモンの不均衡によって、
引き起こされるものです。

 

大抵の場合は成長期が過ぎ去ると、顔周りのニキビはだんだんと少なくなっていき、目立たなくなりますが、思春期を境に顔中のニキビが小さくならない人がいます。

 

これは遺伝的体質やホルモンバランスの不均衡によって引き起こされるものであり、食生活やお肌の手入れ不足が原因も絡んでいます。

 

顔周りのニキビを治す方法は、食生活の改善、適度な運動を行い、ホルモンバランスを整え、そして余裕があれば皮膚科で処方してもらう薬などを塗り顔周りのニキビを治すしか方法がありません。

 

では具体的にルフィーナで改善策をお話していきます。

 

まず食生活の改善ですが、これはバランスの良い食事生活を整えてください。
お菓子やジュースなどの糖質が多い食べ物は皮膚細胞にあまり良い影響を及ぼしません。

 

タンパク質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどバランスのいい適度な食事を摂取するようにしてください。

 

そして次に適度な運動です。運動を行っている方でもニキビを発症する方はいますが、これは激しい運動を行うことで、活性酸素が出てしまい、お肌に悪影響を与えているからです。

 

適度な運動を呼吸ができる程度の有酸素運動を行い、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。

 

有酸素運動は、軽いストレッチやウォーキング、ジョギング、ルフィーナなどがお薦めです。

 

そして最後は皮膚科で処方してもらう塗り薬を塗ることです。これはもうニキビを治すなら誰しもが考えることですが、あくまで顔周りのニキビをこれ以上大きくさせないようにと考えてください。

 

皮膚科で処方してもらう薬はステロイド薬などといった化学物質が含まれており、人体の肌にはあまりいい影響を及ぼしません。

 

ニキビのような症状は時間をかけて、徐々に自然治癒を目指していくほうがいいのです。
皮膚科の塗り薬はあくまで最小限程度ということにとどめておいて、使うようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る