ルフィーナの効果を検証してみた32歳主婦の肌改善日記

ルフィーナの効果を検証してみた32歳主婦の肌改善日記

お弁当の改善

「力ロリー高そう。これ食べると太るだろうな」。
不思議なのですが、そう思って食べると本当に太ります。「これを食べると太る」とい
う思い込みによって、脳から体脂肪を増やすホルモンや代謝を下げるホルモンが分泌され
ることが原因。「種の自己暗示ですね。

 

こんなふうに、食べものに対してマイナスのイメージがあると、そのマイナスパワーが
食べものと一緒に体に入ってしまいます

 

 

マイナスパワーの食べものでできた肌やボディ
が、キレイなはずありませんよね。実際、私も「食べものはすべて悪!」と思っていた頃
は、少し食べただけですぐに脂肪がついていました。

 

私たちの体は、心(脳)と切り離して考えることができません。体だけでなく心も満足
していなければ、キレイになることはできないのです。『病は気から」といいますが、実
は「脂肪も気から」というわけです。

 

当然、好きなものをムリに我慢したり、嫌いなものをムリして食べることも、キレイの
大敵。それがストレスになって、心の栄養不足になり、ストレスだけで太ってしまうこと
が。つまり、食事をするときは、好きなものを楽しく食べることが大切。

 

栄養になる、
キレイになると暗示をかけながら食べることこそが重要なのです。

 

 

たとえばコンビニ弁当も、「キレイになるl」と暗示をかけながら食べてください。食
べものに愛情があれば、そのプラスパワーが体に吸収されて、肌もボディもプラスに変わ
りますよ!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る